ビジネスブログ|ビアンカ株式会社

bianca
bianca
2018年10月04日 [エステ]

台風頭痛解消法


台風が来るとなぜ、頭痛がするのでしょうか?
その原因はズバリ、低気圧です。
台風は温帯低気圧がさらに発達したものだということは、皆さんご存知ですよね。

低気圧が近づくと、気圧の変化によって空気が薄くなります。
そして、空気が薄い状態では人間の血管や細胞が膨張してしまいます。
そうすると、頭の中の血管も膨張してしまい、血行不良となり、頭痛を引き起こしてしまうのです。
山頂ような気圧の低いところでは、お菓子の袋がパンパンに膨らみますよね。
人の体の中でも同じようなことが起きているのです。

台風による頭痛が起きた場合、最も大切なことは「頭の血管の働きを安定させること」です。

先ほども説明した通り、頭の中では血管が膨張し、血行不良が起きています。
そのような時に、あまり激しい刺激を身体に与えることはおすすめできません。
ゆっくりとリラックスした状態で安静にしておくことで、血管の働きは安定し、血行不良も改善されていきます。
また、症状がひどい場合は鎮痛剤を飲むことも大切です。
あまりにも症状を我慢しすぎると、我慢することで生じたストレスで症状が悪化してしまうこともあります。
台風のせいだからと軽く考えず、必要に応じて鎮痛剤を利用してみてください。
鎮痛剤を利用すると、案外簡単に症状が改善する場合もあります。

台風による頭痛の予防・対策方法は?

・生活習慣を整える
身体に負担のかかる生活を送っていると、必然的にストレスがたまってしまいます。
ストレスは血管の膨張に影響を与えるため、ストレスをため込んでいると台風による頭痛を引き起こしやすい状態になってしまいます。
そのため、普段から身体にストレスをため込まない生活をしておくことが大切です。

・カフェインをとる
カフェインには血管の収縮作用があります。
そのため、カフェインを摂取することで、低気圧によって膨張した血管を抑える効果が期待できます。

・痛むところを冷やす
患部を冷やすことで血管の動きが抑制されて痛みが引きやすくなります。
症状が出た時は無理せず安静にすることが大切です。

温度差による体調不良もみなさまお気を付けくださいネ(T_T)
頭痛
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページの先頭に戻る