ビジネスブログ|ビアンカ株式会社

bianca
bianca
2017年07月31日 [エステ]
BODY
皆様、こんにちは(^^)/
ビアンカ川崎店です☆

毎年どんどん気温が上がっていき、夏の暑さ対策が
必要になっています。今回はそんな夏に注意すべき
3つのポイントをお話しします♪

◎熱中症にならないために
【熱中症とは】
気温湿度、風がない、日差しが強いなどの厳しい環境
で私たちの体温調節機能に乱れが生体内における水分
やナトリウムのバランスが崩れ様々な障害が起きること
があります。これが熱中症です。
【熱中症の予防】
喉が渇いたなと感じる前に水分補給。汗をかくことによって
体内の塩分も失われるためスポーツドリンクが良いと
されています。屋内でも暑さを我慢していると、気が付かない
うちに熱中症を起こしてしまう事があります。エアコンや
扇風機、日陰などを利用して無理のないように心掛けましょう

◎現代病の代表格…冷房病にも注意!
冷房による冷気を長時間浴びたりすると毛細血管の収縮や
血行不良を起こします。これが体温調節機能に乱れを生じ
させます。
【冷房病の症状】
体の冷えやだるさ・しびれ・むくみ・頭痛・肩こり・神経痛・
下痢・便秘・腹痛・食欲不振などです。
【冷房病を予防するには】
薄着や肌を露出する服装が多い女性については体を
冷やしやすい傾向にあります。
■外との温度差は5度以内
室外との気温差を5度以下にしてください。
室内温度は27度から28度が理想です。
■安心アイテムを活用
オフィスなどの冷房の効いた場所ではひざ掛けやカーディガン
または大きめのスカーフなど用意しましょう
■湯船につかって体温リセット
体を温めることができ、血行の回復には足湯や
半身浴なども効果的です。

◎夏に欠かせない紫外線対策
【外出する時の紫外線対策】
■洋服
淡い色より濃い目の色の方がより紫外線をシャットアウトする
効果があります。軽く羽織れるカーディガン
などがオススメです。
■つばの広い帽子
また帽子をかぶるのも効果があります。麦わら帽子のような
幅の広いつばのある帽子ほど効果があります。
■日傘
白より黒っぽい色の方がより紫外線を防いでくれます。
■日焼け止めクリーム
汗をかいて流れてしまったり、つけてから時間が経
つなどした場合は、こまめに塗り直しましょう!

これからの季節、より一層、日差しも暑くなります。
自分の健康・美容のために意識して対策していきましょう(*^^*)

2017年07月18日 [エステ]
皆様、こんにちはビアンカ広尾店です。

最近は、水素水のボトルやアルミ缶がコンビニで買えたり、家庭用の生成器が人気だったり
水素水を取ることを習慣にしている方が増えています!!

ビアンカでも水素水をいち早く導入し、アフターティには水素水を使用してご提供しています(*´▽`*)

Q、水素水ってどんな水??
A、ガス状「の水素分子が溶け込んだ水です。
一般的にガス状の水素分子が溶け込んだ水を「水素水」と呼んでいます。
水に含まれる水素の率は「ppm」で表し、大気圧下では最大約1.6ppm(≒1.6mg/ℓ)まで溶解可能。
同じ水素水と呼ばれるものでも、含まれる水素ガスの量には差異があります。

Q、水素水の身体や肌への働きは??
A、抗酸化作用や血流改善の報告があります。
水素ガスへの働きについては世界中で研究されていて、中でも抗酸化作用の報告は多数。
体内に過剰に発生した活性酸素に水素水ガスがくっついて、悪さをする前に抑制するというものです。
他に、炎症反応の抑制、血流改善などの嬉しい報告も。

Q、胃や腸にも良いのでしょうか??
A、消化不良や便秘など、胃腸症状の改善に効果的です。
水素ガスを含む『アルカリイオン水』については、1日1ℓ前後、継続して飲用すると
消化不良、胃酸過多、慢性下痢、便秘などの胃腸症状を改善させる働きがあることが認められました。

Q、水素水はどう選べばいいのでしょう??
A、水素水はガラスやプラスチックを透過しやすく、アルミニウムを透過しにくい。
つまり、ペットボトルよりアルミニウム容器の方が生成時の水素濃度を維持できます。
ただし、開封すると水素濃度が速やかに低下。
より多くの水素ガスを取り入れたければ生成後がベストです。
それも一度に飲み切るようにしましょう。

因みに、活性酸素とは??
酸素の中でも特に酸化力(体を錆びさせる力)が強い酸素のことを言います。

最近の研究で、病気の90%に活性酸素が関与していることが明らかになってきました。
また、活性酸素は「老化」にも大きな影響を与えています。
ガン、心臓病、脳梗塞、糖尿病、高血圧などの病気にも、活性酸素が深く関与しているので、
この活性酸素の害を抑えることで、病気を予防することが出来るというわけです。
 
■活性酸素が原因といわれている病気・症状
  老化、高血圧、動脈硬化、糖尿病、心筋梗塞、脳梗塞、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、ガン
  炎症、膵炎、潰瘍性大腸炎、虚血性腸炎、肺気腫、肝炎、ガンの転移、多臓器不全
  白内障、自己免疫疾患、紫外線障害、放射線障害 など

正しい知識を皆様の美容に役立てて下さいませ!!
ビアンカ広尾店では、美しく、健康でありたい方を心よりお待ち致しております(^^)/

bianca

このページの先頭に戻る